第28回 本陣カップ


第27回 本陣カップ

決勝戦(前半)

決勝戦(後半)


大会総評

 

・第27回大会は大阪の強豪『DREAM FC』の連覇で幕を閉じた。

 

今大会は審判の普及・育成も視野に1級、2級、3級の審判を招集。また、インストラクター監修のもと審判研修生がレフリングを務めた。

本陣カップを通じて、今後の若手審判員の飛躍に期待したい。

 

決勝戦は・・・・、

準決勝で埼玉のエクセレントフィートとのPK戦を制した大阪のDREAMと、愛知県の強豪アロンザから6点を奪う攻撃力を見せた東京のトリアネーロという全国屈指の実力を誇る2チームが対決。トリアネーロ、DREAMともに、ボールを失ってからの守備への切り替えが早く、連動した守備で相手に攻撃する隙を与えない。立ち上がりはそんなお互いの守備が際立っていた。

私的には、予選からの試合運びを観る限り、今大会のベストなFWの1人であるトリアネーロのFW、背番号4、中島選手の活躍がこの決勝戦の行方を決めるのでは?中島選手を止めることはできるのか?と注目しながら観戦していた。だがその予想は1人の選手によって覆ることとなる。DREAMのセンターバック、背番号8の原田湊斗選手である。原田選手は中島選手の前に幾度となく立ちはだかる。前を向かせない。足を振らせない。DREAMの強固な守備陣の中でもとりわけ原田選手の『先を読む力』と『1対1の強さ』は目を見張るものがあった。

後半終盤にはトリアネーロの守備陣の距離感が少しづつ遠くなっていく中、DREAM攻撃陣が4点をもぎ取り優勝を決めた。

 

大会最優秀選手には先に述べたDREAMの背番号8,原田湊斗選手が選ばれた。原田選手には本陣カップでは恒例になった『特大タラバガニ』を贈呈!!特大金メダル、お米5kgも贈呈された。

決勝戦で素晴らしいプレイを観せてくれた両チームに改めてお疲れ様、そして感動をありがとうと言いたい。

 

最後に・・・

今大会を開催するにあたり、支えていただきました地元企業の皆様、保護者の皆様、地元・遠方より大会に参加していただきましたチーム関係者、また審判団の皆様、厚いご支援とご協力、本当にありがとうございました。皆様の力をお借りして成るこの『本陣カップ』、質を落とすことなくこれからも開催していきたく思います。

来年、28回大会もまたサッカーを通じ皆様に感動をお届けすることをお約束いたします。

 

アズーリ豊橋サッカークラブ

代表 小林 立治

素晴らしいサポートをしてくれた6年生保護者の皆様。
素晴らしいサポートをしてくれた6年生保護者の皆様。

陰の立役者

・毎年のことだが本陣カップには欠かせない存在がいる。本部運営に携わるアズーリの保護者だ。今年は本陣カップを経験している6年生のお母さん達がサポートしてくれた。普段は母親としての顔しか見ていないがここでの彼女達の働きぶりには感銘を受けた。物事をくみ取る能力に長け、状況にふさわしい配慮もできる。素晴らしい人間力を観させてもらった。

そんな彼女たちの存在は本陣カップをより良い作品にするための欠かせないピースであった。

2日間本当にお疲れ様でした。

そして心よりありがとう。

審判にも注目!!

本陣カップでは審判インストラクターの指導の下、若手審判の育成、普及をテーマに大会を運営しています。

今大会も1級、2級審判がレフリングを務めるとともに今後活躍が期待される高校生の審判の育成にも取り組んでいます。

名古屋グランパス、中村直志選手の引退試合で主審を務める本陣カップ審判育成委員長の牧野氏。(写真中央)
名古屋グランパス、中村直志選手の引退試合で主審を務める本陣カップ審判育成委員長の牧野氏。(写真中央)

豊橋で育ち各地で審判を通して活躍している牧野氏が審判育成に尽力しています。

地元サッカー協会の協力のもと、若手審判をはじめ多くの地元で活躍する審判にもスポットライトをあて、選手同様、審判の育成も視野に質の高い大会を目指しています。

 

本陣カップ 審判育成委員長

牧野 大輔(マキノダイスケ)32歳

現2級審判員

現3級インストラクター

 

経歴

・リベラール豊橋(ジュニア)

→ 豊橋ソルチ(ジュニアユース)

→ 私立磐田東高等学校(ユース)

→ JAPANサッカーカレッジ コーチ・審判専攻科(専門)

素晴らしいレフェリングで試合をコントロールした本陣カップ審判団。
素晴らしいレフェリングで試合をコントロールした本陣カップ審判団。

<メディアからのご紹介>

テレビ放送

試合の模様を地元のケーブルテレビ

『ティーズ』で放送!!

放送日 12月1日~12月15日

    平日 6:25~、8:00~、10:30~、19:00~、21:00~

    土日 6:25~、14:45~、17:45~、23:30~

ラジオ放送

地元ラジオ『FM豊橋』から

大会直前の意気込みを 生放送!  でお伝えしてきました。

放送日 令和3年10月18日(月)

放送時間 19:15分頃

パーソナリティ チャーリーさん

出演者 アズーリ豊橋SC4年生のキャプテン、副キャプテン、小林代表の3名。(新型コロナ感染対策により3名のみでの参加となりました)

情報誌

・東愛知新聞 掲載

・中日新聞折り込みスポーツ豊橋 掲載

優勝トロフィー



第25回 本陣カップ

ラジオ放送

地元ラジオ『FM豊橋』の収録スタジオにて

大会直前の選手・監督の意気込みを

生放送! でお伝えしてきました。

生放送の中、緊張半分 楽しさ半分 でしたがみんなしっかり喋れてました。


歴代成績